« 人と自然の研究所ホームページ&ビオトープ管理者養成通信講座リニューアル | トップページ | 4月26日(日)「ZOOフォト講座 初級編in多摩動物公園」のご案内 »

3/7“土壌講座~春の筑波山を楽しむ~”

3月第一週の土曜日は、筑波大学の”田村憲司先生”を講師にお招きして、

筑波山にて「土壌講座」を開催致しました!

今回の講座開催地は、
傾斜が緩やかで土壌が良く残っていることから筑波山の北側斜面を選んでいたので(南側は急斜面で岩場が多い)、雪の影響が懸念されていましたが、

直前の下見では道の雪は溶け、当日は天気も何とかもってくれる予報であったため決行と致しました!

しかし、、、山の天気はわかりませんね。

山の麓は降っていなかったのですが、筑波山に着いてみると雪が降ってしまっていました。。。(雪だったので傘は必要ありませんでした)


田村先生も、「
今までに数多くの土壌の観察会を行ってきたけれど、雪の中での観察会は初めてということでした。

__1



しかし、天候には恵まれませんでしたが、

田村先生による面白い話でとても充実した一日になりました。

 

土壌についての基礎的な話から始まり、

その後は、実際にその土壌が観察できる斜面に移動し、
実物を見て・触って・匂いも確認しながら、楽しく学んでいきました。


__3  __4


実際の「土壌断面調査」の方法についても概要を実際に作業しながら学びました。

 

 

土色の判定。土色帳を用いてどの色に近いか見て行きます。
__5  __6



写真だとわかりづらいかと思いますが、講座中に新たにとてもやわらかい表土がある地点が発見され、豊かな土壌を実際に触れて実感することもできまいた!

表土には、土壌生物の大半がくらしており有機物の分解が盛んであることや、土壌が持つ水や空気を保つ機能も主にこの表土にあり、土壌にとって一番重要だと言っても良い場所です。

 

1cmの表層土壌ができるまでにも、100~数百年が必要でありながら、

多くの場所でその重要性に気づかず、人間活動によって消失していってしまっている現状があります。

__7


普段あまり気にかけることが少ない傾向にある土壌ですが、

本講座では、生物多様性と同じように、土壌についても地域ごとに合った土壌の多様性を守っていかなければならない、またどう守っていくべきなのかという話を、

田村先生から最新情報も含めお話して頂きました。

 

 

次回の土壌講座も検討中ですので、是非ご参加頂ければと思います。

また、今回ご参加してくださった皆様も次回は暖かい時期を予定しておりますので、またのご参加お待ちしております!

__8

|

« 人と自然の研究所ホームページ&ビオトープ管理者養成通信講座リニューアル | トップページ | 4月26日(日)「ZOOフォト講座 初級編in多摩動物公園」のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/61310050

この記事へのトラックバック一覧です: 3/7“土壌講座~春の筑波山を楽しむ~”:

« 人と自然の研究所ホームページ&ビオトープ管理者養成通信講座リニューアル | トップページ | 4月26日(日)「ZOOフォト講座 初級編in多摩動物公園」のご案内 »