« 青山まつり 土地の記憶プロジェクト | トップページ | 谷戸山まつりに出展しました! »

森林セラピーin島根

111718日と、島根の飯南町で森林セラピー体験をおこなってきました。

 

17日初日は、午前中は出雲大社へ観光に行きました。
 

11月の出雲大社には、日本全国の神様が集まり会議を行うということで、島根県の11月は神無月ではなく神有月といわれているのは有名ですよね。

1_2

他に、出雲大社の神楽殿の大しめ縄も有名だと思いますが、このしめ縄、実はこれから行く飯南町(頓原地区)で造られているのだそうです!!

皆さんは知っていましたか?


午後からは、飯南町の森林セラピー基地(旧島根県県民の森)に隣接している宿泊施設「もりのす」で森林セラピーについての講習です。

2




施設内には暖炉もあり、あったかく雰囲気もとてもいいです。

町役所の方から、森林セラピーとはどういうものなのか、飯南町で森林セラピーをおこなうきっかけについてなどのお話しを聞きました。

 

飯南町では観光協会をつくらず、行政と企業が一体となって観光活動をおこなっています。町全体で取り組んでいるので、電話一本でセラピーの提案、宿泊、食事、観光の手配をしてくれるそうです!素晴らしいネットワークです!!

3

森林セラピーの講習の後は、赤名湿地の散策にいきました。この湿地は自生地最西限と思われているミツガシワの群生地でもあるそうです。最盛期の頃にまた見にきてみたいです。

ため池もあり、多くの生きものが見られるそうです。こちらも気になります!→


赤名湿地を散策し温泉に入った後は、待ちに待ったご飯の時間です。

 

マクロビオティックという、玄米、野菜、海藻を基本とした日本の伝統的食事を「もりのす」では食べることができます。動物性食品(肉、魚、卵、乳製品)を使用していません!
4

お肉も魚もないからお腹いっぱいにならないのでは、と心配していたのですが、メインディッシュの他にサラダ、スープとデザートが付き、かなりのボリュームでお腹も心も満たされました。




森林セラピーの認知度はまだまだ低く、さらに交通の便があまりよくない飯南町では施設を利用してくれる方たちがそこまで多くないというのが現状です。

 

これから飯南町の森林セラピーの認知度を上げるにはどうすればよいか、もっと魅力的に感じてもらうにはどんな広告をすれば効果的なのかなど、ご飯を食べながらいろいろな意見をかわしていくうちに夜も更けていき、そろそろ眠くなる時間に・・・。



5_2

ホテルの部屋は広く、小物や本、アロマなども置いてあり雰囲気がとてもよいです。

 

朝早かったこともあり、ベッドに入ると同時に寝てしまいました。



2日目

朝からきれいに晴れていて、森林セラピー日和です。

6

朝食もマクロビオティックの食事です。朝から美味しいご飯にテンションが上がります。




森に入る前に、まずはメディカルチェックを行いました。ここでは、今のストレス状態や血圧などを測定機と記入式シートを用い調べます。この結果を元に、セラピー内容を決めていくのだそうです。

7

メディカルチェックが終わったら、待ちに待った森林セラピーです。

 

ガイドさんの案内のもと、森の中に入っていきます。



8

セラピーロードは川に沿っていて、とても気持ちがいいです。夏にはキャンプもでき、川遊びをする子ども達で賑わうそうです。今の季節は水がかなり冷たく遊べないのが残念・・・。



9

森の各エリアの特徴や、見られる生きものたちなどの説明を受けつつ、森の奥へと進んでいきます。




森の中では、目を閉じ耳や鼻から森を感じるという体験を行いました。目を閉じることにより他の感覚が研ぎ澄まされ、森の中に流れている川や風の音、植物の匂いなどを普段よりも強く感じることができました。

 

飯南町の森林セラピー基地は、針葉樹林、広葉樹林の場所があるので、それぞれの場所での感じ方の違いなども体験できると楽しそうです。


10
紅葉も楽しみながらの森林セラピーは、あっと言う間に終わってしまいました。

 

もりのすに戻ったあとは、またメディカルチェックを行い、セラピー後の様子をみていきます。

結果は・・・個人差はありましたが、セラピー前後でストレス度などの変化がみられました。




森林セラピーは「登山」ではありませんし、「目標」を立てて取り組んでいくものでもありません。なので、飯南町の森林セラピーでは参加される方の状況を判断し、ゆっくりと過ごしてもらえるような提案をしてくれています。

セラピーロードも段差がないので、車椅子の方でも参加することができます!



11

今回の飯南町森林セラピー体験では、森の事だけではなく、飯南町全体の事も知る事ができ、とてもよい経験をさせてもらいました。

 

日本各地に森林セラピー基地はありますが、自然はその土地の風土や文化などと深い関わりの中で、その地域独自の特色をもっています。別の地域の森林セラピー基地に行かれた方も、まだ行かれていない方も是非一度、飯南町の森林セラピー基地に行ってみて下さい。私はなぜが、とても懐かしい気分にさせられました。


シロ

森林セラピーHP:http://www.iinan.jp/forest-therapy/

森林セラピースタッフブログ:http://ameblo.jp/iinanforesttherapy/


森のホテル「もりのす」HP:http://www.iinan-net.jp/~morinosu/

|

« 青山まつり 土地の記憶プロジェクト | トップページ | 谷戸山まつりに出展しました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/56434753

この記事へのトラックバック一覧です: 森林セラピーin島根:

« 青山まつり 土地の記憶プロジェクト | トップページ | 谷戸山まつりに出展しました! »