« 炭鉱のカナリア | トップページ | 「森を歩く」 »

アライグマ

昨日、大阪で野良猫がアライグマに襲われて死んだというニュースがありました。

   

北アメリカ原産のアライグマは、1970年代のペットブームで日本に持ちまれました。

     

Photo 若い人は聞いた事がないかもしれませんが、「あらいぐまラスカル」というアニメを見て、アライグマを飼いたい!という人が増えたことも要因の一つのようですが、人間と仲良しなのはあくまでもアニメでのお話です。

   

凶暴でペットには不向きなため、飼育放棄して野に放つ人も多く、もともといなかった日本で野生化してしまいました。

   

あの愛らしい容姿からは想像し難いですが、気が荒く凶暴で、国内でも農業被害など出ています。

   

   

   

アライグマに限らず、外来生物の問題というのは、人間に何かしらの被害が及ぶまで表面化しませんが、そこに至るまでには、多くの日本在来の動植物が被害を受けているはずです。

   

すみかを奪われたものもいただろうし、エサを奪い合って負けてしまうものもいたでしょう。

   

ひっそりと、いなくなってしまった日本在来の生きものもいるのです。

   

   

   

でも、アライグマなどの外来種だって、ただ生きているだけ。

   

こんな問題になるのは、人間が安易に生きものを移動してしまったからに他なりません。

   

長い時間をかけてできあがった日本の生きもの同士のバランスは、他の生きものが入ることで簡単に崩れてしまいます。

   

そして、一度崩されたバランスは、元には戻らないのです。

   

   

私達人間が気をつければ、今回のアライグマのようなことは防げます。

   

   

海外から生きものを持ち込むことはもちろん、国内での生きものの移動も、それぞれの地域で保たれている生きもの同士のバランスを崩してしまいます。

   

   

生きものの移動はしてはいけないこと、そしてこれら外来種が起こす様々な問題について、もっともっと、周知させていかなければなりませんね。

   

   

   

   

ホコ

   

アライグマは、外来生物法で「特定外来生物」に指定されています。

   

   

 

   

   

   

   

   

   

   

  

|

« 炭鉱のカナリア | トップページ | 「森を歩く」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/52622798

この記事へのトラックバック一覧です: アライグマ:

« 炭鉱のカナリア | トップページ | 「森を歩く」 »