« ペットの境界線 | トップページ | 「伝える」のプロ            ~自然再生を仕事に~ »

戻り梅雨

この言葉どおり、梅雨が戻ってきたようなはっきりしない天気が続いていますね。

   
せっかく夏休みに入ったのに、なんだか子どもたちが気の毒です。

   
私の家の周りでは、セミの声もほとんど聴こえてきていません。

   
皆さんのご近所は、どうでしょうか?

   

   

夏が夏らしくないと、なんとなくすっきりしない様に感じますが、生きもの達にはどんな影響が出ているのでしょうか?

   
日照時間が少ないと、農作物への影響が心配されますが、同じように野生の植物も、葉や花実のつき方に多かれ少なかれ変化が出るのでしょうね。

   
また、温度や湿度によって、動物の活動に変化が出ることもあるでしょう。

   
花のつきが悪ければ、その分昆虫や鳥は蜜を見つけにくいだろうし、湿度が高くなると、人間と同じように動物も体が重いと感じ、活動が鈍るのかもしれない・・・。

   
逆に暑いと代謝が良くなって、その分お腹がすくのかも・・・。

   
Rimg5526なんて、全て私の憶測ですが、きっと去年のような猛暑に喜ぶ生きものもいれば、今年のような戻り梅雨に喜ぶ生きものもいるのでしょう。そのあたり、生きもの達に聞いてみたいものですね。

   
でも私は、一刻も早く、太平洋高気圧に頑張ってもらって、夏らしい空が見たいな~と思っています。

   

   

ホコ

   

   

|

« ペットの境界線 | トップページ | 「伝える」のプロ            ~自然再生を仕事に~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/52340227

この記事へのトラックバック一覧です: 戻り梅雨:

« ペットの境界線 | トップページ | 「伝える」のプロ            ~自然再生を仕事に~ »