« 【緑の国へ】展示会/シンポジウムのご案内 | トップページ | 変わってほしくない »

懐かしさ

皆さんは、懐かしいな〜と感じる生きものや、風景はありますか?
   
   
私は、神奈川県川崎市の、小さな山を切り拓いて作られた新興住宅地で育ちました。
   
子供の頃は、自宅の周囲にはまだ社寺林のような鬱蒼とした場所や、原っぱが僅かながら残っていました。
   
   
虫が苦手だった私は、ひっつき虫(オナモミ)や猫じゃらし(エノコログサ)で遊んだり、ツツジを摘んで蜜を吸っていた(※)記憶があります。
   
あの頃は、近道をすると気づかないうちにひっつき虫が服やカバンについていて、友達と投げつけあったり、道々猫じゃらしを引き抜いてはくすぐりあったりと、オナモミやエノコログサはとても身近な植物でした。
   
他にも、シロツメクサの原っぱで、四葉のクローバーを探したり、首かざりを作ったりなんかもしていました。
   
地域や年代の違いはあるのかもしれませんが、皆さんにもきっと、それぞれの懐かしい自然があるのではないでしょうか。
   
   
では、今の子供たちは、自然に対してどのように接し、感じているのでしょうか?
   
先日ビックリしたことがあります。
   
子供たちが公園で遊んでいるとき、ある子が花壇の草をちょっとだけ踏んでしまいました。
   
一緒に遊んでいた友達は、それを見て、
   
「あ〜っ、自然破壊だ〜!」
   
と、踏んだ子をはやしたてました。
   
   
今の子供たちは、何を「自然」と捉えているのでしょうか?
   
生活も遊びも、時代を追うごとに「自然」と離れ、今の子供たちには花壇やコンクリートの池のような人工物も、「自然」だと勘違いしてしまっているのかもしれません。
   
そんな現代の子供たちが、なんだか可哀相な気さえします。
   
彼らが大人になったとき、懐かしいと感じる生きものや風景はどんなものでしょうか。
   
きっと、私とは少し違っていると思うのです。
   
最近は、オナモミはほとんど見かけませんし、道端で見かける花も以前とは変わってきたように感じます。
   
そしてきっと、私と同じ地域で幼少期を過ごした両親や、お爺ちゃんお婆ちゃんでも、それぞれ懐かしいと感じるものは違うんだと思います。
   
   
Spa160017世代ごとに、懐かしいと感じる自然が変わっていく。
   
人が創り出すモノには流行り廃りがありますが、自然にはそんなものないはずです。
   
では、変わってしまうのには、どんなことが影響しているのでしょうか?
   
   
次回は、その影響について考えてみたいと思います。
   
   
※ツツジには、種によって毒性のあるものもあります。お気をつけください。
   
   
   
ホコ
   
   
   

|

« 【緑の国へ】展示会/シンポジウムのご案内 | トップページ | 変わってほしくない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/51722023

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしさ:

« 【緑の国へ】展示会/シンポジウムのご案内 | トップページ | 変わってほしくない »