« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

受講生及び皆さまへ緊急のご挨拶

この度の東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
皆さまのご無事と災害の沈静化、並びに一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

この度の震災により、ますます地域の環境にあった自然再生、および地域の環境を生かした食糧やエネルギーの自給のあり方の必要性を、あらためて感じております。
「ビオトープ」を学習されました皆さまと力を合わせて、新しい価値観を構築していきたいと思います。

また、福島原子力発電所につきましても、予断を許さない状況です。

放射能汚染物質は生物に濃縮されていきますので、長期的にみると、微量だから安心というものではありません。

特に、体内にとりこんでしまうと影響が1万倍になると言われています。
妊娠中の方、お子様、若い方は、マスクなどで極力体内に取り込まなように心がけてください。

なるべく正しい情報を入手されるようこころがけ、講座で勉強された内容を生かし、一人一人がご自分で判断して行動していただければと思います。

今後とも頑張ってまいりましょう。

新しいこれからのためにどうぞよろしくお願いいたします。

人と自然の研究所 代表 野口理佐子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »