« 【ビオトープ管理士で働く!】第9回セミナー 開催のお知らせ | トップページ | カメのおはなし »

科学の力と自然の力

「地球温暖化」
 
北極の氷が溶ける映像などで広く知られ、多くの人が危惧している問題の一つですよね。
   
その原因として、温室効果ガスがあげられ、その主なものは二酸化炭素(CO2)と言われています。
   
   
現在、私達人間の暮らしは、科学の進歩のおかげでとても便利になりましたが、その一方で、CO2を大量排出する生活サイクルから抜け出すことは難しくなりました。
   
でも、最近、そんな科学の力で、今まで「排出する」ばかりだったCO2を、「利用する」技術が生まれてきました。
   
CO2から、樹脂や医薬品、燃料電池などの原料として使われるメタノールを製造できる技術が開発されたとのことなのです。
   
実用化にはもう少し時間がかかるようですが、燃料革命以来の革命が起こるかもしれません。
   
本当に、人間の進歩って、すごいですよね。
   
   
ですが、皆さん。
   
皆さんもご存知の通り、今までもこれからも、動物が出し続けてきたCO2を吸収し、酸素(O2)をつくりだすのは、「生産者」と呼ばれる植物なのです。
   
Sp4170019そしてその植物も、動物の排泄物や遺骸を分解する「分解者」と呼ばれる微生物の働きにより、土壌から栄養を受けているのです。
   
さらにいえば、これらの炭素や栄養などの循環サイクルは、長い長い歴史の中で、たくさんの生きものが繫がりあうことで生まれてきたものです。そしてそのサイクルは地域ごとにも違い、それぞれの地域の生きもの同士が絶妙なバランスを保ってきたのです。
   
でも、そのバランスは、ある生きものが絶滅してしまうことで簡単に崩れてしまう可能性があり、今まで自然に循環していたサイクルが滞ってしまう事も考えられるのです。
   
そうすると、CO2を吸収する植物も暮らせなくなり、CO2の吸収、O2の生産ができなくなり、今以上に温暖化が進んでしまうかもしれません。
   
   
そんな今、私達にできることは何でしょうか?
   
もちろん、節電などでCO2の排出を抑えた生活をすることもその一つです。
   
Simg_7170ですが、皆さんの周りの動植物を大切に思う事も、同じくらい重要な事ではないでしょうか?
   
   
「科学の力」もすごいですが、人知れず私達の命を繋ぎ、循環してくれている「自然の力」のことをもう一度見直して、動植物が元気に暮らせる環境を守っていくことも、私達の重要な役割だと思いませんか?
   
   
   
ホコ
   
   
   

|

« 【ビオトープ管理士で働く!】第9回セミナー 開催のお知らせ | トップページ | カメのおはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/50775810

この記事へのトラックバック一覧です: 科学の力と自然の力:

« 【ビオトープ管理士で働く!】第9回セミナー 開催のお知らせ | トップページ | カメのおはなし »