« カブトムシのおはなし | トップページ | 今年も宜しくお願いします! »

来年は森林の再生元年に!

先日、石川県で国際生物多様性年のクロージングイベントが行われたそうです。
 
名古屋での生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の開催もあった2010年。
   
各国の関係者が参加したクロージングイベントの式典では、COP10の成果の報告などが行われたほか、市民向けのシンポジウムやイベントも行われました。
   
   
振り返ってみると、今年は日本でCOP10という国際会議が行われていたにも関わらず、人々に「生物多様性」という言葉すら、「浸透したな〜」という実感が、最後まで私には持てませんでした。
   
皆さんはどうだったでしょうか?
   
   
“生物多様性を守ること”は、「遺伝子」「種」「生態系」と、それぞれのレベルでの多様性を守ることです。
   
今回の会議では、そのためのルールや目標などが決められました。
   
でも生物多様性という言葉の意味やその伝え方など、各メディアとも曖昧で、そのことも、生物多様性を守るということが身近な問題として捉えられにくい、一つの要因かもしれませんね。
   

実は身近な場所でも、生物の多様性は失われています。
   
P8281565 「すみかがない」「餌が足りない」などと今、困っている生きものがたくさんいるのです。
   
そんな生きもの達を守り、たくさんの生きものが暮らせるようにするためには、それぞれの種のことや、困っている原因を知って、彼らが暮らせる環境を再生する必要があります。
   
ですから、身近な生きものや自然について知ることは、身近な場所の生物多様性を守るための第一歩になるわけです。
   
   
国連では、2010年の国際生物多様性年に引き続き、2011年を国際森林年と定めています。
   
世界的な森林減少問題などに取り組むため、国連で決議されました。
   
地球上では日本の国土の4倍もの森林が、1990年からの20年で消失しているという、FAO(国際連合食糧農業機関)のデータもあります。
   
木材が必要だからといって、森林が再生するスピード以上の速さで森林の伐採を進めてしまうと、森林は破壊され消失してしまいます。
   
このような森林減少がすすんだ要因は、安価な海外の木材に依存している日本にもあるのです。
   
   
それを受けて日本では、森林・林業の再生を図り、現在30%以下の国内木材自給率を10年後には50%以上にするという再生プランも始動するようです。
   
Rimg2472そのためには、森林の新たな価値を見出し、人々の暮らしと森林との繋がりをもう一度見直していく必要があります。
   
国産材の価値が再認識され、需要が増えれば、林業は発展します。
   
そして、放置されて荒れてしまっていた人工林を、かつての里山のように管理することで、人工林もたくさんの生きものが暮らせる豊かな森林として再生でき、新たな価値も生まれるはずです。
   
Photo 木材の利用法としては、最近では、おがくずなどを圧縮し燃料としたペレットストーブが注目を集めているようですが、普及するにはまだいくつかの課題があるようです。
   
その他、家具や建物などにも利用されてはいますが、輸入材が多いのが現状です。
   
   
森林が再生し、健全な森林生態系が守られれば、それは生物多様性の保全にも繋がっていきます。
   
これから人々と森林との繫がりを深め、森林を再生していくために、私達には何ができるでしょうか。
   
Rimg3418 2011年の国際森林年を森林の再生元年とするために、まずは皆さんも、森に親しみ、身近な場所での新たな木の活用方法など考えてみてくださいね。
   
   
   
ホコ
   
    
   

|

« カブトムシのおはなし | トップページ | 今年も宜しくお願いします! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/50387464

この記事へのトラックバック一覧です: 来年は森林の再生元年に!:

« カブトムシのおはなし | トップページ | 今年も宜しくお願いします! »