« 「青山まつり」で、ビオトープワークショップ開催! | トップページ | 青山まつり ビオトープワークショップ »

COP10、まだまだ続いています!

月曜日、COP10の展示会場を見に行ってきました。
 
Simg_0070オアシス21で行われている情報発信ステーション、白鳥公園で行われている生物多様性交流フェアを見てきたのですが、悪天候な平日の昼間という事もあり、人の数は多くはありませんでした。
 
それでもいくつかのブースでは、熱心にスタッフの話を聴く人や、メッセージの折り紙を折る人、クイズラリーを周る人などで賑わっていました。
 

各国や日本各地のブース、NPO、NGOブースの他に、企業のブースも多く見られ、生物多様性の保全活動や、生物多様性保全に役立てるための技術などを紹介していました。
 
その中の一つで、「エコロードを作る」というCSR活動をされている企業のお話を聞かせていただきました。
 
森が道路で分断されたりなどで、数が減っているヤマネやリスなどの樹上性生物が通れる位の「アニマルパスロード」と呼ばれる橋を架け、彼らが行き来できるようにする活動を行っているようです。
 
今後改良が必要な部分もあるようですが、既に生きものにも利用されているとの事。
 
生きもの達が少しでも暮らしやすい森が、増えていくといいですね。
 
 
今回のイベントでは、各団体とも目指すところは「生物多様性の保全」で、森林、草地、水辺など、生きものの生息できる環境の減少を食い止めたい、生きものと人間がずっと一緒に暮らせるようにしたい!ということだと思います。
 
であれば、もっと各団体同士が連携をとって、お互い教え合い、間違いがあれば正しながら協力して活動していけたらいいのに…と。
 
そうする事で、生きものや地史、今までの活動の記録など、様々な人がもつ情報などを共有できて、今よりたくさんの環境や生きものを守り増やす事ができるのでは?と思うのです。
 
が、なかなか団体同士が繋がっていかないし、活動が拡がっていってるようには見えないな~と感じてしまいました。
 
これからの課題ですね。
 
 
今回のイベントも、たくさんのブースがあります。
 
いっぱいありすぎて、すべての方のお話を聞くことは、やはり難しいです。
 
でもブースの前を通るだけでは、その人たちの活動の内容を理解する事はできません。
 
ですから、生物多様性交流フェアにこれから参加される方は、気になった展示などがあったら、声をかけて、お話を聞いてみてくださいね。
 
 
Simg_0075私たち人と自然の研究所も、ビオトープを活用した自然再生活動を紹介しています。
 
都内を離れて、違った地域の方たちと交流を持てるせっかくの場ですから、スタッフ一同多くの方とお話できたらと思っています!
 
まだまだ、皆様のお越しをお待ちしています!
 
 
 
ホコ
 
 
 

|

« 「青山まつり」で、ビオトープワークショップ開催! | トップページ | 青山まつり ビオトープワークショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/49864447

この記事へのトラックバック一覧です: COP10、まだまだ続いています!:

« 「青山まつり」で、ビオトープワークショップ開催! | トップページ | 青山まつり ビオトープワークショップ »