« 坂の多い街 | トップページ | アフリカンフェスタに出展します! »

ナガミヒナゲシ

昨年の今頃、『ナガミヒナゲシ』という外来植物についてご紹介しました(こちら)。
 
Sp5260003 でも、今年は昨年よりもさらに多くの場所で、このにょきにょきと伸びるナガミヒナゲシを見かけるようになりました。
 
このままだと、在来の植物のすみかが減ってしまいかねないのです。
 
 
ナガミヒナゲシは、ヨーロッパ原産、ケシ科の一年草。
 
一つの花実には約1500粒もの種が入っていて、風によって撒かれます。
 
さらに、種には休眠性があり、一度飛び散ると何年にもわたって発芽し、生息域を広げます。
 
農業環境技術研究所(茨城県つくば市)と東京農業大の分布調査によると、2007年までに青森と沖縄をのぞく全国で生息が確認されているということです。
 
 
皆さんも、道路脇や民家の庭先などで、見かける機会も増えたのではないでしょうか?
 
Sp5260001_2 繁殖力の強いナガミヒナゲシが、他の植物の間などに、どんどん進出してしまっているのです。ということは、もともとそこにいた植物は、徐々にすみかを追いやられてしまうかもしれません。
 
そうなると、その植物を食草にしている虫や、その虫を餌とする鳥やカエルなどにも影響がでかねないのです。
 
それを食い止めるためにも、今、ナガミヒナゲシの駆除が必要です。
 
花が可愛いだけに、駆除されにくいのですが、花は一日で落ちてしまいます。その後、種が熟す前に実を採ってしまえば、拡がることはありません。※基本的に、それぞれの敷地の管理者の了解がないと、駆除はできませんので注意しましょう。
 
 
ほぼ全国で見られる存在となっているナガミヒナゲシですが、未だ、特定外来生物への指定はありません。ですが、地域や町ぐるみで、人々に注意を促し、駆除対策をとっていかなければ、人知れず絶滅してしまう生きものが出てしまうかもしれません。
 
このように、昔から日本に暮らしていた植物のすみかを守る事は、虫や鳥など他の生きものを守ることにも繋がり、ひいては日本の生物多様性を守ることにも繋がっていくはずです。
 
 
ホコ
 
 
 

|

« 坂の多い街 | トップページ | アフリカンフェスタに出展します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/48482718

この記事へのトラックバック一覧です: ナガミヒナゲシ:

« 坂の多い街 | トップページ | アフリカンフェスタに出展します! »