« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

放流の罪

アメリカザリガニ」「ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)」「ウシガエル

   

皆さんも一度はこの名前、耳にした事があるのではないでしょうか?

     
そうです、これらは近年、日本の水辺で問題になっている外来生物なんです。

   

Img_0778 先日、こういった外来生物や放流の問題を取り上げた展示をしている井の頭自然文化園に行ってきました!

   

   

Img_0782放流の罪」と題し、外来生物やパネルが展示されており、アユやイワナの放流※1や、東京メダカなどの遺伝子汚染※2についても分かりやすく書かれていました。

   

が、来場している親子連れを見ていると、   
「お魚いるね~」「アメリカザリガニだ~!」  
なんて、展示されている生きものは見ても、パネルまでは読んでもらえていない…。

   
せっかく分かりやすく書かれているのに、あまり展示の意図を理解して見ている様には見えず、もったいないな~と思いました。

   
ガイドをしてくれるような方がいれば、もっと興味を持ってもらえるのでしょうか。

   

   

例えば「アメリカザリガニ」などは、学校でも教材として利用しているところも多く、子ども達も大好きな生きものだと思います。

   
でも、利用した後は近くの池や川に放している学校も少なくなく、外来種や放流の問題が未だに認知されていないのが現状のようです。

   
でも、放流してしまっては取り返しがつきません。

   
長い時間をかけて、複雑に生きものがかかわり合いながら成立してきた自然に、今までいなかった生きものを移入させる放流は、元々いた生きものを食べてしまったり、元々いた生きもののすみかを奪ってしまったりなど、自然生態系にとって、とても危険なことなんです。

   
実際に、身近な生きものの代表種「メダカ」は、実は絶滅の危険もあります。※3

   
ですからまずは、たくさんの人に生態系の理解外来種の危険性を理解してもらう事が大切なんです。

   

今後、学校の課外授業や、地域のイベントなどでこういった展示を活用してもらえれば、今よりも困っている生きものが減るかもしれません。

   
明日からゴールデンウイークも本番。お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

   
その際は是非、パネルまで読んで、その意味を理解してくださいね!

   

ホコ

   

※1、放流自体の危険もありますが、大量に放流する際に外来種の稚魚が混じる可能性も指摘されています。

   
※2、生きものは同種でも、それぞれの生まれ育った環境によって遺伝子に違いがあります。例えば魚類でいうと、その集団ごとに遊泳速度や成長が違います。その地域の環境や気候により、長い時間をかけてできた違いが、遺伝子が混ざることで失われてしまうだけでなく、種によっては繁殖力が低下してしまうものもいます。

   
※3、メダカのすみかである“水草の生えた浅い水辺”の減少の他に、「カダヤシ」というメダカに似た外来種がメダカのすみかを奪っていることも、メダカを絶滅に追いやる原因のひとつです。

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいこと、はじめてみませんか?

新年度を迎え、何かはじめたいなぁ、なんて考えている人も多いのではないでしょうか?
   
そんな皆さんに、私たち人と自然の研究所が開講している、
   
ビオトープ管理者養成通信講座
   
についてご案内したいと思います!
   
これを学べば、旅先で出会う自然や、庭木に訪れる鳥達も、もっと身近に感じられるかも!
   
   
まず、「ビオトープ(Biotop)」とは、「bio(生命)」と「top(空間)」を合成した言葉で、簡単に言うと「生きものの暮らす場所」というような意味合いになります。
   
「ビオトープ管理者養成通信講座」はその“ビオトープ”を守るために必要な知識を学べる講座なんです。
   
また、ビオトープを守るための知識、技術などをもつ人に(財)日本生態系協会より認定される、「ビオトープ管理士」という資格の勉強にも役立ちます。
   
今年の10月には名古屋で、COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)が開催されます。生物多様性を保全するうえでも、ビオトープの考え方は必要とされているんですよ!
 
 
07text6pss_2  当講座は、環境保全の分野に興味はあるけど、何からはじめたらいいのか分からない…なんていう方にも分かりやすく、基礎となる知識からビオトープの専門的な知識まで学べる講座となっています。
 
P6200077_4受講生を対象とした里山の維持管理などを体験しながら学ぶことができる現場実習(実習地:神奈川県座間市)も、毎月行っているので、テキストで学んだ知識をより深めることができます。
   
その他、メールやお電話での質問対応や、試験情報の提供なども行っています。
   
くわしくはこちらをご覧になってみてくださいね!⇒こちら
   
   
今、日本の自然はビオトープ管理士を求めています!
   
   
ホコ
   
   
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アースデイ東京2010

「地球の事を考えて行動する日」としてアメリカで誕生し、今年で40年目を迎えたアースデイ。
   
東京でも「アースデイ東京2010」として、今年も開催します。
   
   
今年のアースデイ東京のコンセプトは「愛と平和の地球の祭典」。
   
「エネルギー」、「食」、「農」にスポットをあてたアクションを起こしていくそうです。
   
会場でも、自然エネルギーの導入や、天ぷら油リサイクル大作戦!マイ食器・マイボトル大作戦!など、持続可能な社会を作ることを目指した活動が行われます。
 
 
Imgp1898r_2 私たち人と自然の研究所のブース(NPOビレッジ ブースNo.66)でも、人といきものが一緒にくらしていくために、ビオトープを活用したアクションを紹介します!
   
また、地球にも人にも優しいシャンプーや石けんの販売や、アフリカと神戸俊平友の会日本事務局として、ケニアで活動する神戸俊平先生の支援のために、アフリカングッズの販売も行っています!
 
 
会場には各団体のブースの他に、音楽やトークのステージもあり、地球のことを楽しみながら考えるイベントになっています。
   
ぜひ、会場で“自分と地球との繋がり”を感じてください。
   
さらに、人と自然の研究所のブースでは、“たくさんのいきものとの繋がり”も感じられますよ!
   
ぜひ、遊びに来てくださいね!
   

    
ホコ
   
   
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
   
   
<アースデイ東京2010>  
   
■日時 2010年4月17日[土]~18日[日]
   
■会場 代々木公園・他
   
■URL http://www.earthday-tokyo.org/2010/

   

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小学校の校庭で、ビオトープをつくった」

@niftyさんの「地球のココロ」というサイトで、人と自然の研究所のビオトープ造成を取材した記事が掲載されました!

http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/life/2010/04/post-30d4.html

港区の青山小学校という都会のど真ん中で、学校、商店会、企業を巻き込んだ今回のプロジェクト。

なかなか無い事例ですので、ぜひご覧ください!

hirayama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜並木にて

先日帰り道の桜並木で、見つけました。
 
Simg_0518   
 

地面近くで咲く、サクラの花です。
 
引きで見ると、こんなかんじです。
 
Simg_0515   
   

すぐ近くには、タンポポも咲いているんです。
 
上のほうで咲くのは鳥たちに、中間あたりは飛ぶ昆虫に、
 
地面近くではアリなどの地上性の昆虫に・・・と、
 
色々ないきものに花粉を運んでもらうためのサクラの戦略かなぁ・・・
 
なんて考えながら、楽しく帰りました。
 
 
春は私にとって、新たな発見が多い季節です。
 

   
ホコ
   

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »