« 春なのに… ~その2~ | トップページ | 桜並木にて »

カラスの巣

先日公園で、カラスが子供たちをからかっているのを目撃しました!
   
届きそうで届かないくらいの高さにある枝にとまって、子供たちを見下ろしていたんです。
   
たくさんの子供たちが、カラスを捕まえようと集まっていました。ある子はジャンプをし、ある子は虫取り網を使い…。
   
でも、カラスの方が一枚上手でした。
   
あとちょっとのところで飛んで、スラリとかわし、また同じ枝に止まって子供たちを見下ろすんです。
   
何だかカラスも楽しんでいるようにさえ見えて、微笑ましい光景でした。
   
   
でも、都会ではカラスは害鳥扱いされてしまっています。
   
雑食性のカラスは、もともと昆虫や果実、動物の死体などを食べていました。しかし都会ではその他に、人間の出すゴミをあさって、食べ残しなども食べています。
   
また、巣材として、ベランダからハンガーを盗るカラスも見かけます。本来の巣材である、木の枝などを集めるより、人がベランダにかけっぱなしにしていたハンガーの方が、簡単に集まるからでしょうか?
   
きっと、害鳥とされるよりもっと以前には、カラスの餌となる生きものや実、巣材となる木々が、今よりもっとたくさんあったんですよね。
   
   
都市化してもカラスたちは、私たち人間の暮らしをうまく利用して生き残ってきました。
   
でも人間はそんなカラスを、ゴミを散らかしたり、ハンガーを盗ったり、繁殖の時期は近くにいる人間を襲う危険な害鳥として扱っています。
   
でもそれは、カラスの餌となる生きものや実、巣材となる木々が豊富な環境が、都会に不足しているからだと思います。
   
カラスだって、困っているのかもしれません。
   
   
毎年桜の咲く頃、夕方に近所(世田谷)の緑道を散歩していると、樹上で仲良く並んで眠るつがいのカラスを見かけます。
   
隣の木に巣を作って、繁殖しているんです。
   
こんなふうに、カラスだって季節を感じさせてくれる、野生の生きものなんですよね。
   
人間とカラスが、今よりも仲良く暮らせるよう、カラスやカラスの餌となる生きもの達が暮らしやすい場所を再生していきたいですね。
   
   
   
ホコ
   
   
   

|

« 春なのに… ~その2~ | トップページ | 桜並木にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/47905613

この記事へのトラックバック一覧です: カラスの巣:

« 春なのに… ~その2~ | トップページ | 桜並木にて »