« エコプロダクツ2009 | トップページ | 生きものたちのおかげです »

企業と生物多様性

エコプロダクツ2009、今年も無事終えることが出来ました。

   
   
私は、初日に人と自然の研究所のブースにて、ご案内をさせていただきました。
   
私たちのブースでは活動の紹介だけでなく、関わらせていただいている学校ビオトープで捕獲したヤゴの展示もしました。
  
    
初日で平日という事もあり、社会見学で来ているたくさんの子ども達がヤゴを顕微鏡で見て、触ってと、興味を持ってくれました。
   
ビオトープに興味を持って声をかけてくださった方々にも、私たちの活動について、聞いていただけました。
 
     
このイベントだけの事ではありませんが、ブースでお手伝いをしていると、やはり人に伝える事は難しいなぁ、と毎回反省します。
  
うまく言えませんが、こちらが伝えたい事を、相手がほしいと思う情報になるべく沿いながらも伝える…。
  
限られた時間で、お互いに満足できるようにするのは、本当に難しいですが、相手の方に教えられる事もたくさんあって、やりがいを感じています。
   
今回お話できなかった皆さんも、次回のイベントでは是非、お話させてくださいね!

    
   
   
個人的には、生物多様性保全をCSR活動として行っている企業をいくつか見て回りました。
  
各企業が何に責任を感じ、そのためにどんな活動を行っているのか、ほんの少しずつですが、説明を受けました。
   
その中で感じたことは、現在は、ほとんどの企業が各企業単位で活動を行っているようだということです。
   
ですから私には、各企業の活動は、それぞれが必要とする資源を守るための活動で、「生物多様性保全」とは、違うように見受けられました。
   
ですが、今後いくつかの企業が連携をとって広い範囲での保全活動を展開していければより、多様な生物の暮らせる環境を保全していけるのではないでしょうか?
   
それでも、少しずつですが、生物多様性保全の重要性が理解されてきていて、今後の企業の活動に期待していきたいな、と思えました。

   
Rimg6190Rimg6197    
   

   

   

   

ホコ
     

|

« エコプロダクツ2009 | トップページ | 生きものたちのおかげです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/47104229

この記事へのトラックバック一覧です: 企業と生物多様性:

« エコプロダクツ2009 | トップページ | 生きものたちのおかげです »