« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

'09秋 東京/野生動物レスキューセミナー ~あなたもバードレスキューの知識と技術を~

これまで2回開催し、大変ご好評をいただいております野生動物レスキューセミナーを、来月12月にも開催致します!

野生動物の救護や治療に関して、業界の第一人者である獣医師・森田正治先生が、ビオトープを学ぶみなさんに特別講座を開催してくださいます。

私たちの日常生活の中、怪我をした野生動物で一番遭遇する確率が高いのが野鳥です。そんな傷を負った鳥に出会わせた時に、正しい鳥獣救護の考え方をもって適切に対処し、無事に野生復帰させるための知識と技術を学べるのが、今回の野生動物レスキューセミナーです。

この講義を受けてバードレスキューのメンバーとなった人が全国に増えれば、油汚染事故などが起きた際にも、油まみれで苦しむ沢山の鳥たちの命を救えることでしょう。

あなたも傷ついた鳥たちの命を守るバードレスキューとして活躍してみませんか。

S_2  時:2009年12月13日(日)  9:25~17:30

講義内容:1,「野生動物保護概論」
       2,「鳥のからだ」
       3,「初期の手当て」
       4,「ケアから野生復帰まで」
       5,「野生動物保護の法律」
       6, 鳥の遺体を使っての実習

受 講 料:12,000円(学生10,000円)
Pb160020cs_2
※一度受講されている方は、6,000円で再受講が可能です。ただし、新規受講の方を優先させていただきますので、予めご了承下さい。

定  員:12名

会  場:人と自然の研究所 2Fセミナールーム
     〒150-0047 東京都渋谷区神山町3-4 i.VILLAGE
     http://www.bio-inste.com/profile.htm#access

持  物:白衣(無ければ作業着等でも可)、筆記用具

懇 親 会:セミナー終了後(希望者のみ。飲み物等は実費。当日のご連絡で可)

申し込み:人と自然の研究所まで、【住所・氏名・年齢・電話番号・職業(学生は学部学科まで)】をご連絡下さい。手続きについては追ってご連絡いたします。
★通信講座未受講の方で今回受講されたい方は、まずはご相談ください。

最終締切:12月9日(水)
※定員になり次第締め切り、以降はキャンセル待ちとさせていただきます。

講  師:森田正治
     森田動物病院 院長
     NPO法人 道東動物・自然研究所 理事長
     附属:道東野生動物保護センター長

主  催:人と自然の研究所 (有)カルティベイトカンパニー
     〒150-0047 東京都渋谷区神山町3-4 i.VILLAGE
     TEL 03-5465-2927  FAX 03-5465-2939
     Mail bio@bio-inste.com

定員までまだ余裕がありますので、是非ご参加下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち葉をゴミにしないで

日に日に、朝晩の空気が変わってきていますね。
 
東京でも、街路樹がだんだんと葉を落とし、清掃してくれるお母さん達の
 
「掃いても、掃いても、きりがないわ」
 
なんて声が聞こえてきます。
 
でも、東京がコンクリートだらけの街になってしまう以前には、落ち葉は重要な自然の循環要素の一つだったのです。

   
夏の間、木々はめいっぱい葉や枝を広げ、太陽の光からたくさんの栄養を作り、貯え、生長します。
 
秋になり、落葉樹は葉を落としますが、もちろんその落ち葉にも栄養が残っています。
 
そして、その落ち葉をミミズや子ども達の人気者であるカブトムシやクワガタの幼虫などの虫が食べます。その食べカスやフンなどの有機物をバクテリアなどが無機化し、春を迎える頃にはまた、木々の栄養となっていくのです。
 
このような循環があって、それぞれの生きものが暮らしていられたのです。

 
しかし都会では、たくさんの生きものの栄養である落ち葉が、現在ゴミとされ、家庭で出されるゴミと同じく捨てられてしまっています。
 
「ゴミを減らそう」なんて合言葉のように言われているのに、せっかくの自然の栄養をゴミにするなんてもったいない!と思いませんか?
 

ある地域では、ゴミとなっていた落ち葉を回収して腐葉土にするという取り組みも、広まり始めているようです。 
 
しかし、腐葉土は畑やガーデニングなど人々に利用されこそすれ、自然界の循環の中に戻るのとは少し違います。 

Image175 都会でも、落ち葉を自然の循環に戻していけるような仕組みができれば、生きものたちが戻ってきてくれるきっかけになるかもしれませんね。
 
 
ホコ
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第3回プロ講座

秋晴れの暖かい陽射しに恵まれた11月7日、第3回目のプロ講座を行いました。

 

今回は、前回から引き続きとなるインタープリテーション、標本作り、ビオトープの生物調査、調査結果からの考察・管理方針の提案など、内容の濃い一日でした。

 

Pb070022s 生物調査では、現地で植物やヤゴなどの水生生物を同定しました。

これは自然観察会等で集まってくれた方々に、その場でビオトープのことを伝えるためにも無くてはならない技術です。

Pb070034s また、確認できたヤゴからビオトープの現状を把握し、植物の管理(間引きや植栽)の必要性や、外来種の駆除等、管理方針の提案のシミュレーションをしました。

これは、ビオトープの管理に困っている方々にその場でアドバイスをするためにも、必要なことです。

 

早くも講座の半分を終え、受講生の皆さんもビオトープやその周囲の環境を生きものの視点で見られるようになってきているようです。
既に、インタープリテーションを自分のものにできている方もいて、頼もしい限りです。

回を重ねる度、彼らの成長が見え、これからが楽しみです。

 
 

ホコ

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革教室@人と自然の研究所セミナールーム

人と自然の研究所には、様々なセミナーや講習会に活用できるセミナールームがあります。
 
そこでは、セミナー“ビオトープ管理士で働く!”や、野生動物レスキューセミナー、サバンナゼミなど様々な講座が行われています。
 
今回は、そこで行われる革教室のお知らせです!
ご興味のある方は、ぜひご参加ください!

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
 
●ウィンターギフトを作ろう!@人と自然の研究所 (代々木公園)

Findyourcolor_2 今回はメンズにも使える渋めのお色から、キラキラキュートなカラフルなお色を50色以上ご用意いたしました。

ラッピングサービスもございますので、今年のウィンターギフトは手作りに挑戦してみませんか?
 
2週に渡ってのんびり進める予定ですが、頑張れば4時間で縫い上げて頂く事もできます。
 
どうぞお友達をお誘いの上、お気軽にいらして下さい。
 
  
【日時】 2回シリーズ(2週に渡ってゆっくりと一つの小物を作ります。)
 
第一回目:2009年11月13日(金)18:00 - 21:00
 
第二回目:2009年11月27日(金)18:00 - 21:00

 
【場所】人と自然の研究所 東京都渋谷区神山町3-4 i.VILLAGE
http://www.bio-inste.com/profile.htm#access

 
【講師】依田綾

 
【定員】8名

 
【お支払い方法】
 
当日現金にてお支払い頂きますようお願いいたします。

 
【お申し込み方法】
メールにて「革教室」のタイトルをつけ、ご希望のお日にちを記してお申し込み下さい。
<info@ayayny.com>

【アイテム&参加費】
 
①コインケース  w12 x h8 x d2  / 8,000円
 
②ペンシルケース  w21 x h6 x d2  / 8,000円
 
③ウォレット w15 x h10 x d2 / 9,700円 →今回のみ特別価格8,000円
(参加費は材料費込みです。)
 
www.ayayny.com <http://www.ayayny.com/>
www.ayaytenui.com <http://www.ayaytenui.com/>

【ご用意して頂くもの】 

エプロン、糸切りハサミをお持ちの方はお持ち頂くと便利です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
  
   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »