« 目指すは・・・ ~その1~ | トップページ | 子供たちの人気者ですが… »

歩いてみよう!

前回の記事で、次回はビオトープの作り方についてお話しますと言いましたが、ちょっとお休みして、今回は人と自然の研究所が関わっている都内の小学校での、環境学習のお話をします。

夏休みも直前に迫った七月の中頃、子ども達と、ビオトープと校内で見られる生きものの調査を行いました。
ビオトープではもうすでに、オオシオカラトンボのオスが縄張りを張ってパトロールしていました。
P7100006 この日のビオトープの調査では、シオカラトンボ、オオシオカラトンボの他に、赤とんぼと呼ばれるアカネの仲間など数種類のヤゴが見つかり、子ども達は大喜びしていました。
その後、班ごとに捕虫網を持った子ども達と一緒に、校内の生きもの調査をしました。

あいにく曇りがちで、時折強い風の吹く日でしたが、風が止んだ時にはチョウやトンボ、コガネムシの仲間など、数は多くはありませんでしたが捕まえて観察する事が出来ました。
やはり、少しヒントをもらいながら探してみると、普段は目に付かない生きものたちの姿も垣間見る事が出来ます。
例えば、チョウの幼虫がたくさんいる木を見つけ、
「このチョウの幼虫はこの葉が好きなんだなぁ」
とか、葉陰でひっそりとしているカナブンを見つけ、
「こんなところで休憩しているんだなぁ」
など、普段は見落としている生きもの達の暮らしぶりを観察することができて、子ども達も目を輝かせていました。

ビオトープでも、校内でも、もちろんその他の場所でも、生きものたちにはそれぞれ、その場所で暮らす理由、その場所でなくてはならない理由があります。子どもたちは今回、ほんの少しですが、その理由を直接見る事ができたのではないでしょうか。

是非皆さんも、毎日のお出かけの際など、生きものが活動している姿を見つけてみてください。そして、その生きものがなぜそこにいたのか、考えてみてください。例えば食草がある、巣材がある、休憩場所があるなど、それぞれの生きものたちがその場所を選んだ理由が見えてきたら、普段見慣れていた景色もちょっと違って見えるはずです。

P7100048 サンショウにいたナミアゲハの若齢幼虫

ホコ

|

« 目指すは・・・ ~その1~ | トップページ | 子供たちの人気者ですが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/45769577

この記事へのトラックバック一覧です: 歩いてみよう!:

« 目指すは・・・ ~その1~ | トップページ | 子供たちの人気者ですが… »