« 地球のココロ | トップページ | 歩いてみよう! »

目指すは・・・ ~その1~

皆さんは「ビオトープ」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?
学校や公園などに設置されている、池型のビオトープを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

ビオトープとは、本来「生きものの生息空間」という意味です。人間が餌を与えなければならないものだったら、ビオトープとは言えません。そこで暮らしている生きもの同士がバランスを保って、自然に生きていられる場所をビオトープと言います。ですから、「地球全体が一つの大きなビオトープ」とも言えます。海や山、川、湖、湿地、草原など、多様な環境が連続してある事で、多様な生きものが暮らすことが出来ているのです。
例えば、普段森に暮らすクマが、川でサケを捕り、そのサケは海から産卵のために川を上る。そして、森に暮らす生きもののフンや死骸等が、川から海へ流れ出て、海に暮らす生きもの達の栄養となる・・・と多様な環境が繋がっている事で、一つの大きなビオトープが保たれているのです。

では、学校などにある池型の小さなビオトープでは多様な生きものが生息できるビオトープにならないのかと言えば、そんな事はありません。特に、人間の視点だけで開発され、生きものにとって暮らしにくくなってしまっている都心部においては、学校や公園などで造成された小さなビオトープでも、生きものの視点でつくれば、その地域に暮らす生きもの達にとって、大切なすみかとなるのです。
次回は、そんな生きもの達が安心して暮らせるビオトープの作り方を考えていきたいと思います。

Cimg1953  ホコ

|

« 地球のココロ | トップページ | 歩いてみよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/45640937

この記事へのトラックバック一覧です: 目指すは・・・ ~その1~:

« 地球のココロ | トップページ | 歩いてみよう! »