« ホタルの水辺 | トップページ | 自然観察のススメ »

ホタルの光の危機!?

前回の記事で、ホタルについてお伝えしましたが、最近、ゲンジボタルの幼虫の餌となる、「カワニナ」の稚貝によく似た外来種が問題になっているのをご存知でしょうか?

その名は「コモチカワツボ
親貝で体長4~5㎜ととても小さいニュージーランド原産の外来生物で、現在世界中で生息域を広げているようです。
雌雄同体で無性生殖が可能なため1匹見つかると根絶は難しく、同じ餌を食べる川虫などを駆逐し、結果として、それを餌とする魚まで減少させているとの報告もあります。

幼虫期に主にカワニナを食べるゲンジボタルの場合、よく似たコモチカワツボを餌とすると、求愛行動のために放つ光が弱くなり、交尾の成功率が低下し、生息数の減少に繋がっているという研究結果もあります。これは、コモチカワツボが体内に蓄えられるミネラルの量が、カワニナに比べ10%以下のため、発光するための器官が発達しない事が原因と考えられています。

カワニナに比べて容易に増えるコモチカワツボは、ホタルを増やすためのカワニナの代用として、人為的に自然環境に放たれたり、養殖に使われたりしてしまっています。これらの貝は殻口の形が違います1が見分けるのは難しく、カワニナと勘違いされ餌として撒かれることも多いようですが、一度自然界に放たれてしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。

ゲンジボタル達のためにも、ホタルを増やすための安易な外来種の利用や養殖、放流などではなく、彼らが安心して暮らせる環境条件の揃った場所を守り、移動能力の小さい彼らでも、自分の力で移動してすみかを選べるくらい、ホタルが喜ぶ水辺を増やしていきましょう。

※1.殻口の形がコモチカワツボは丸く、カワニナはひし形です。

ホコ

|

« ホタルの水辺 | トップページ | 自然観察のススメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/45459227

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルの光の危機!?:

« ホタルの水辺 | トップページ | 自然観察のススメ »