« 可愛らしいのに実はスゴイんです! | トップページ | 2009年度ビオトープ管理士試験対策演習講座募集開始! »

わずか1cmのガマガエル!?

以前、ブログでご紹介した、「アズマヒキガエル(俗称:ガマガエル)」のオタマジャクシが約2ヶ月経ち、変態を終え、幼体になりました!

Image008_2 最初は土壌有機物などを食べていた幼生(オタマジャクシ)も、イトミミズやユスリカの幼虫等、動物性のものを捕まえて食べるようになり、後足、前足と生え揃い、尾が短くなると肺呼吸に変わり、幼体になりました。わずか1cmという小さな状態で変態を遂げたこのスリムなカエルが、その後最大で17cm程の、ガマガエルになるなんて想像できないですよね。

Image3621_2 まだエラ呼吸をしています。

 

 

 

 

Image3651_2 肺呼吸になりました!

   

  

 

変態後は雑木林や民家の庭等、暗くジメジメした場所でミミズや小昆虫等を食べて暮らしています。きっと皆さんの身近な場所にも暮らしているのではないでしょうか。わずか1cmほどのカエル、見つけることができるでしょうか?

 

また来年も春先になれば、アズマヒキガエルたちは子孫を残すために、水辺へと向かうでしょう。※1しかし、吸盤もなく、重たい体でノシノシと歩く彼らには、ちょっとした段差や、日の照りつけるコンクリートなどが移動の際の大きな障害となり、産卵できないことだってあるんです。アズマヒキガエルなどの生きものが安心して暮らすことのできる環境づくりについて、みなさんにも、生きものの気持ちになって考えてもらえたら、これからもずっと生きものと仲良く暮らせて、彼らもこんな可愛いオタマジャクシやカエルの姿を見せてくれるんだなぁと、1cmのカエルに改めて教えてもらいました。

※1 アズマヒキガエルは生まれてから性成熟するまでに、普通オスは2~3年、メスは3~4年かかります。

注意:成体のアズマヒキガエルの背中にはイボのような突起が多数あり、そこから毒液を分泌しています。触った手で目を触るととても滲みますので、ちゃんと手を洗ってくださいね。

|

« 可愛らしいのに実はスゴイんです! | トップページ | 2009年度ビオトープ管理士試験対策演習講座募集開始! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/44981656

この記事へのトラックバック一覧です: わずか1cmのガマガエル!?:

« 可愛らしいのに実はスゴイんです! | トップページ | 2009年度ビオトープ管理士試験対策演習講座募集開始! »