« 生きものが教えてくれた事 | トップページ | ビオトープにはこんな機能もあるんです! »

続・生きものが教えてくれた事

今回は、前回の記事でお伝えした学校ビオトープでの捕獲調査結果を元に、子ども達が生きものの気持ちになって行った改修作業についてお伝えします。

皆さんは、前回の調査結果からどのようなビオトープを想像したでしょうか?
子ども達は調査結果から、現在のビオトープを以下のように評価しました。
・打水産卵(※1をする、明るい場所を好むシオカラトンボが確認できた。
   ⇒明るい開けた水面がある。
・打水産卵をする、暗い場所を好むオオシオカラトンボが確認できた。
   ⇒暗い開けた水面がある。
・水草に産卵するヤンマ科やイトトンボ科などのトンボが確認できなかった。
   ⇒水草が少ない。

この評価から、もっとたくさんの生きものに来てもらうために、ビオトープに水草を植えよう!という事になり、みんなで作業を行いました。
もちろん、自分では移動する事のできない水草の気持ちにもなって、明暗や水深などそれぞれの種が好む環境を考えながら、しっかり根付くようセリやマコモなどを植え付けました。
そして完成したビオトープがこちら。季節がら、まだ芽生えたばかりの水草たちですが、春になれば緑の葉をぐんぐん伸ばしてくれる事でしょう。次の調査では、このビオトープで今まで確認できなかったヤンマ科やイトトンボ科などのトンボや、水草がない事で来られなかった生きものたちも、見つけられそうですね。

Img_3514  Cimg2067

(写真右:シオカラトンボ)

※1 打水産卵とは、トンボの胴体の先端辺りを水面にちょんちょんとつけて産卵する方法で、飛びながら行うため、羽がぶつからないような開けた水面を必要とします。

|

« 生きものが教えてくれた事 | トップページ | ビオトープにはこんな機能もあるんです! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/44400874

この記事へのトラックバック一覧です: 続・生きものが教えてくれた事:

« 生きものが教えてくれた事 | トップページ | ビオトープにはこんな機能もあるんです! »