« 「ビオトープを活用した環境学習指導者養成実践講座」が終了! | トップページ | アズマヒキガエルの気持ちになってみよう! »

子ども達との生きものの視点からの自然再生

はじめまして。
1月から人と自然の研究所で働きながら、ビオトープ管理士としてお仕事をするために勉強させていただいているホコと申します。
これからこのブログで少しずつですが、人と自然の研究所で行っている、ビオトープを活用した事業や、私が感じたことなどをお伝えしながら、私も成長していきたい…と思っておりますので、よろしくお願いいたします。

現在、人と自然の研究所では、都内の小中学校で池型ビオトープを活用した環境学習プログラムを行っています。このプログラムの特徴は、ビオトープの造成から管理まで、全て授業の中で子ども達と一緒に考えて行っている点です。
子ども達は、それぞれの生きものごとのグループに分かれて、事前にその生きものの生態や暮らし等について調べてくれていました。そしてこの日の授業では、それぞれの生きものの気持ちになって、現在のビオトープのいいところや、もっとこんなふうにしてくれたらいいな…等、グループごとに発表しあいました。

Sp1270066

さらには
「もっと水草を植えてほしい!」(ギンヤンマ班より)
「そんなに水草だらけじゃ、卵を産めないよ!」(シオカラトンボ班より)
等、熱い討論が行われるクラスもあったりと、勉強中の私よりももっと、生きものの気持ちがわかっている子供たちに、関心しきりでした。
こんなに、生きものの気持ちがわかる子ども達が大人になったら…将来が楽しみです。
そして、私もそんな仲間をたくさん増やしていけるように、生きものの視点から自然再生をしていく知識を身につけ、たくさんの人に伝えていきたいと思います。

ホコ

|

« 「ビオトープを活用した環境学習指導者養成実践講座」が終了! | トップページ | アズマヒキガエルの気持ちになってみよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/44173406

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども達との生きものの視点からの自然再生:

« 「ビオトープを活用した環境学習指導者養成実践講座」が終了! | トップページ | アズマヒキガエルの気持ちになってみよう! »