« ウェールズのアファンの森 | トップページ | 全国トンボ市民サミットに参加してきました! »

テムズ川の再生

”C.W.ニコルプロデュース”地球環境を考える英国の旅。ウェールズのアファンの森の再生につづいて、もう一つの目玉は「川の再生」だ。
この旅が実現できたのも、現在日本の 財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団の理事に就任いただいているアリスター・ドライバー氏のお陰だ。彼は、英国環境庁環境保全総合マネージャーとして、正にテイムズ川の再生を取り組んだ人物Pict2033 。アリスター・ドライバー氏自らの案内により、英国で行われた川と湿地での「生き物の生息場所の創出」=「ビオトープの再生」を見せていただいた!

テムズ川も1800年代には、汚水の垂れ流しにより、悪臭を放ち、1950年代には、人口増加と工業発展にピークを迎え、実質的に生物学上死の川となった。
1964年から、本格的な調査技術研究が投入され、徐々に魚群がテムズ川に戻りはじめた。1980年代に本格的な「鮭のリハビリ対策」プロジェクトが導入され、毎年500匹以上の小型鮭が確認されているという。35年前には7種しかいなかった魚類が、現在は125種になった。

川の再生ポイントとしては、次3つPict2055

1.下水処理の完備
2.魚道の設置
3.コンクリートを剥がし植生帯の復元

また、川にはかかせない洪水対策としては、
川の力に逆らって、コンクリートでせき止めることをやめて、
川が氾濫できるように氾濫原を確保するという対策だ。

どの方法もビオトープ管理士の講座で学ぶ内容ではあるけれど、国として実行するかどうかが大違い。

テムズ川を舟で下りながら、空を舞う鳥や茂みでさえずる鳥たちの声に、ドライバー氏が本当に喜んでいる姿が印象的だった。そう「自然は取り戻せるのだ」。
英国では、年間約100億円を投じて野生動物の生息環境向上にあたっているという。
「やればできる」ことを実感できた旅であった。
Pict2037

|

« ウェールズのアファンの森 | トップページ | 全国トンボ市民サミットに参加してきました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202444/41581929

この記事へのトラックバック一覧です: テムズ川の再生:

« ウェールズのアファンの森 | トップページ | 全国トンボ市民サミットに参加してきました! »